こんにちは。
GREENROOM GALLERY沖縄店です。

いつも楽しみにしていた海外旅行、次は一体いつ行けるのかな….
そう心待ちにしていらっしゃる方、少なくないですよね!
ここ沖縄店では、ハワイがお好きなお客様が旅行でお立ち寄りくださるケースが最近増えています。
少しでもハワイを感じられたらと、特にアートに親しみを感じてご覧下さっています。
ということで今回は、ハワイで生きる全米トップの水中フォトグラファー CLARK LITTLE をご紹介致します。

【CLARK LITTLE】

1968年にカリフォルニア州ナパに産まれる。
父の仕事で2年後にハワイ州オアフ島のノースショアに移住。
1980年〜90年代にかけて地元ワイメアベイで危険なショアブレイクサーフィンのパイオニアとしてその才能を轟かせ有名になる。
クラークが写真を撮り始めたきっかけは、彼の妻がベットルームに海の写真を飾りたいという願いが始まりだった。

ホームグラウンドであるNorth shoreの迫力ある波の写真を撮り続けるうち、彼は徐々に写真の世界へと引き込まれていきます。
幼少時代より暮らしの一部であったサーフィンで培った波や自然界の知恵、
そして何より海に対する熱い情熱が写真家への転機となり、世界で活躍するトップフォトグラファーとなります。
写真はショアブレイク(波が砕ける瞬間)を主に撮影、特に早朝や夕方を選んで波のサイズや景色の色を図ります。
9ポンド(約4kg)のカメラとアリー・スイムフィンという足ひれを履いて波の中に潜り込み、1秒間に10フレーム以上を写真に収めます。
体ひとつに大きな機材、まさに命懸けだと言います。

【RAINBOW SHAVE ICE】

誰もが目を奪われてしまうロングセラー。「虹色のかき氷」を意味するタイトル通り、
夕日が作り出す空の輝きが波に溶け込んで虹のような奇跡的なカラーリングに。彼の代名詞とも言える有名な作品です。

【HONU LOVE】

代表的な作品にはビッグウェーブだけでなく海亀のショットもそのひとつ。
ハワイ語で亀を表す「ホヌ」は、昔から守り神とも言われている神聖な生き物。
ノースショアには大きな海亀が見られる観光スポットがありますが、人が近づかないようにいつも大切に保護されています。
仲睦まじい姿は見ていてとても微笑ましく幸せな気持ちになりますね。

 

【ALUMINUM PRINT】

店頭ではスタンダードなペーパータイプ、
そしてアルミ板に複製した2種類のプリントタイプをご用意しております。
アルミプリントについては熱や光に強い特徴から、屋内ではおよそ130年の耐久性が証明されており、フレームにセットしなくても半永久的に色の鮮やかさを楽しめます。
さらにお手入れも簡単なのでおすすめです。

世界中のサーファーが最高の波を求めてやってくるハワイのオアフ島ノースショア。
かつてはビッグウェーバーとしてレジェンドと称された兄ブロック、
そして偉大なサーファー達と波を分かち合ってきたクラーク。
天候、時間、そしてあの景色を撮るための絶妙なロケーション、
巧みな計算によって見出される奇跡的なショットは、それら全てを熟知したクラークだからこそ成し得る技術。
日常ではなかなか見ることのできない自然のミラクルショット、ぜひ店頭でご覧下さい!

 

GREENROOM GALLERY