こんにちは。
GREENROOM GALLERY沖縄店です。

4月に入り日差しが強く、沖縄はどんどん暑くなり夏まっしぐらです!
今回は新作が数点加入された大人気のアーティスト、ハワイで生きる全米トップの水中フォトグラファー CLARK LITTLE をご紹介します。

【CLARK LITTLE】
1968年にカリフォルニア州ナパに生まれる。
父の仕事で2年後にハワイ州オアフ島のノースショアに移住。
1980年~90年代にかけて地元ワイメアベイで危険なショアブレイクサーフィンのパイオニアとしてその才能を轟かせ有名に。
クラークが写真を撮り始めたきっかけは、彼の妻が「ベットルームに海の写真を飾りたい」という願いが始まりだった。
父親が芸術を教えていたこともあり、写真の基礎は父親から学ぶ。海に対する熱い情熱が写真家への転機となり、世界で活躍するトップフォトグラファーへ。

彼の魅力はなんといっても迫力ある波の写真。
元々プロサーファーだったので海の美しさ、怖さ、自分の限界を知り尽くしていた。
その経験と感性のより、彼しかで表現できないノースの波が美しくブレイクする瞬間を写し撮る。
9ポンド(約4kg)のカメラとアリー・スイムフィンという足ひれを履いて波の中に潜り込み、1秒間に10フレーム以上を写真に収めるその姿は命がけだといわれる。


【TROPICAL SHAVE ICE】
夕日や雲や空の色のコントラストが写り込んだ波の一瞬。
その名の通りトロピカルかき氷のようです。


【THE VIEW】
まるでサーフィン中のチューブから景色を見ているような一瞬。
サーフィンしてるような感覚を味わえる作品です。


【BIRDS EYE】
クラークの作品では珍しい海を上から撮った作品。
鳥がいつも見ている景色はこんな美しいんだろうなと感じれる作品になります。

世界中のサーファーが最高の波を求めてやってくるハワイのオアフ島ノースショア。
「今でも波を見るとワクワクする!いい写真は情熱の産物!」とインタビューで応えたクラーク。
天候、時間、計算された絶妙なロケーション、彼の情熱と熱意によって見出される奇跡的なショット。
それら全てはハワイの海を熟知したクラークだからこそ成し得る技術。

クラークの命がけでおさめた奇跡の一瞬をぜひ店頭でご覧下さい。
※アーティストの意向により、オンラインストアでの商品掲載(一部の作品を除く)に制限がございます。
お探しの作品等ございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。
>>お問い合わせフォーム

皆様のご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

GREENROOM GALLERY Okinawa